ファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナー資格 日本FP協会ときんざい選び方のポイント

FPかきんざいか

主婦に人気のある資格「ファイナンシャルプランナー」

その名前は聞いたことがあるという人も多いですよね。

 

性格には「ファイナンシャルプランナー」という資格はなく

  • 国家資格のFP技能士(3級~1級)
  • 民間資格のAFP・CFP

という資格が存在し、資格を取得した方の中には、「ファイナンシャルプランナー」という仕事に就く人がいるのです。

ファイナンシャルプランナー|仕事に家庭に役立つ知識満載のFP技能士とAFP・CFP(体験談あり)

 

資格取得を目指す人の多くは、FP技能士3級または2級から受けることになりますが、ここで悩ましいのがどこで受検するか・・ということです。

みく
みく
どこで?って近くの会場でとかじゃないの?

 

いえ。そうではなく、FP技能士資格の受検は

  • 日本FP協会
  • きんざい(金融財政事情研究会)

の2つの団体で受けられるから悩むのです。

 

この記事では、日本FP協会ときんざい選び方のポイントをご紹介します。

先日私は、日本FP協会で資格試験の申し込みをしました。

FP協会で3級FP技能士の資格試験を申し込む方法を図入りでご紹介国家資格である3級FP技能士を受検するあなた。 日本FP協会か金財か、どちらで受検するかはもう決めましたか? ...

だからと言って、「日本FP協会」の方が良い・・というわけではありません。

是非、その違いを確認し、あなたにとって適切な方で受検してください。

 

日本FP協会ときんざい 試験範囲を比較

FP技能士資格試験は、学科試験・実技試験から構成されています。

そのうち、学科試験については、日本FP協会もきんざいも同一の内容です。

実技試験は日本FP協会ときんざいで試験範囲が異なります。

FP技能士3級 実技試験範囲

3級のFP技能士試験範囲は次の通りです。

きんざい 個人資産相談業務
保険顧客資産相談業務
日本FP協会 資産設計提案業務
みく
みく
範囲は何度も見たんだけど、それがいったい何なのか、わからないのよね

どの範囲の試験を受けるかが決まれば、どちらの団体で試験を受けるかがおのずと決まってきます。

また、試験範囲に合わせた教材を買った方が良いのも、当然ですよね?

だけど、3級の試験を受ける前に、「資産設計提案業務」とか「個人資産相談業務」とか言われても、それがいったいどんなことなのか、いまいちピンとこないのではないでしょうか?

業務として保険を扱う方・保険への関心が高い方は『保険顧客資産相談業務』を選びましょう。

一方、年金・保険・資産運用・不動産・相続など顧客のさまざまな相談に乗りたいと考えている場合は、『資産設計提案業務』または『個人資産相談業務』を選ぶと良いでしょう。

個人的にFPの知識を家計の改善に活かしたい場合も、『資産設計提案業務』または『個人資産相談業務』がおすすめです。

試験要綱をくまなく読むと次のようなことが書かれてはいますが、『どこで試験を受けるか決める』『どの参考書を買うか決める』ほど、しっかりとわからないという声が多いのです。

それでも一度試験範囲を見ておきましょう。

1.個人資産相談業務

  • 関連業法との関係及び職業上の論理を踏まえたファイナンシャル・プランニング
    ファイナンシャル・プランニング業務に必要とされる倫理観と関連業法との関係を正しく理解したうえで相談に対する回答が行えること

 

  • 個人顧客の問題点の把握
    個人顧客の属性、保有金融資産、保有不動産等に関する具体的な説例に基づき、ライフプランの策定、金融資産選択、不動産の有効活用、相続・贈与税、所得税等に関する相談における問題点を把握できること

 

  • 問題の解決策の検討・分析
    問題解決に当たって必要とされる知識に基づいて、顧客の立場に立って相談に答えられること

 

2.保険顧客資産相談業務

  • 関連業法との関係及び職業上の論理を踏まえたファイナンシャル・プランニング
    ファイナンシャル・プランニング業務に必要とされる倫理観と関連業法との関係を正しく理解したうえで相談に対する回答が行えること

 

  • 保険顧客の問題点の把握
    保険顧客の属性、加入している保険商品、保有金融資産等に関する具体的な説例に基づき、ライフプラン策定、保険商品の活用、相続・贈与、所得税等に関する相談における問題点を把握できること

 

  • 問題の解決策の検討・分析
    問題解決に当たって必要とされる知識に基づいて、顧客の立場に立って相談に答えられること

 

3.資産設計提案業務

  • 関連業法との関係及び職業上の論理を踏まえたファイナンシャル・プランニング
    ファイナンシャル・プランニング業務に必要とされる倫理観と関連業法との関係を正しく理解したうえで相談に対する回答が行えること

 

  • ファイナンシャル・プランニングのプロセス
    ファイナンシャル・プランニングのプロセス全体に関わるポイントや概念を正しく理解していること

 

  • 顧客のファイナンス状況の分析と評価
    顧客のデータを把握するとともに、顧客の生活設計上の希望や目標を正しく理解できること

 

過去問をチェックしておこう

過去問のチェックは必ず、少なくても過去1年分(3回分)は見ることをおすすめします。

自分の考えている試験内容とあっているかどうか、確認してください。

 

みく
みく
『資産設計提案業務』と『個人資産相談業務』の内容って何となく被るのね。

『資産設計提案業務』・『個人資産相談業務』はどっちを選ぶ?

保険に興味があれば『保険顧客資産相談業務』

そうじゃなければ、『資産設計提案業務』か『個人資産相談業務』

というところまではわかったけど、じゃぁ、2つのうちどっちを選ぶの?という悩みは残っていますよね。

 

試験分野の違い

『資産設計提案業務』か『個人資産相談業務』決めるために重要なポイントは、出題される試験分野です。

試験分野の6つのうち「リスク管理」は、きんざいの『個人資産相談業務』では出題されません。

個人資産 保険顧客 資産設計
ライフプランニングと資金計画
リスク管理 ×
金融資産運用 ×
タックスプランニング
不動産 ×
相続・事業承継

 

1つでも勉強する分野を減らしたいなら『個人資産相談業務』を選ぶと良いでしょう。

市販の問題集の数の違い

3級FP技能士資格は、独学で勉強して受検する人が多いです。

独学では、市販されている参考書・問題集を購入するかと思います。問題集の多くは、日本FP協会またはきんざいに対応した問題集として発売されています。

問題集の数は『きんざい』の方が多いですね。

自分にあった問題集を見つけやすいのは『きんざい』です。

私が使っていたユーキャンの『FPの学校 3級』は、FP協会・きんざいのどちらのテストにも対応していました。

 

問題の難易度の違い

好みの問題もありますが、問題の難易度は『きんざい』の方が高いようです。

問題数が少ないのも『きんざい』

 

一方『日本FP協会』の問題数は『きんざい』に比べると多いですが、その分易しい問題が多いです。

とにかく合格したい。資格が欲しい!という方には『日本FP協会』の『資産設計提案業務』が選ばれています。

 

日本FP協会ときんざい 資格の優劣を比較

難易度も違う・問題数も違う・試験分野も違う・・・となると気になるのは、資格の優劣です。

日本FP協会で受けても、きんざいで受検しても、FP技能士3級資格に優劣はありません。

同じ国家資格合格者として認められています。

 

ですから、

3級を日本FP協会で受検し、2級はきんざいで受検も可能

逆に、

3級をきんざいで受検し、2級は日本FP協会で受検も可能

となります。

 

もちろん民間資格のAFPやCFPも、『日本FP協会』か『きんざい』かの違いは関係ありません。

日本FP協会ときんざいの違いまとめ

結論、FP技能士資格を受検する際、日本FP協会ときんざいのどちらで申し込むかに悩んだら

保険関連の仕事をする人は、『保険顧客資産相談業務』

そうじゃなければ、『資産設計提案業務』か『個人資産相談業務』

 

『資産設計提案業務』か『個人資産相談業務』に悩んだときは

  • 試験分野が少ない方が良ければ『個人資産相談業務』
  • 難易度が低い方が良ければ『資産設計提案業務』

を選んでいきましょう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA