ファイナンシャルプランナー

FP2級(FP協会)教育プランと教育資金の準備方法

教育ローンおよび奨学金

この記事では、2級FP技能士試験の『教育ローンおよび奨学金』ではどんな問題が出るかをまとめています。

問題の下にある『解答・解説を見る』をクリックすると答えが表示されるようになっています。

 

子供の教育費って年々高くなっている気がしますよね。私が学生の頃とは倍近く違うなんて噂も。

噂ばかりでは不安が増えるばかりなので、実際に調べてみたこともありました。

⇒ 子供の教育費はいくら必要?不安を減らすためには『知ること』が大切(教育ブログにリンクしています。)

 

自分で全部貯められるのが理想ではありますが、選択肢の一つとして教育ローン・奨学金を利用する人も増えています。

教育ローン・奨学金とはどんな仕組みなのか、知っておくことは実生活においても大切なことです。

FPの勉強を通して、しっかり押さえておきましょう。

問001 日本学生支援機構の貸与型奨学金

問001

日本学生支援機構の貸与型奨学金および日本政策金融公庫の教育一般貸付(以下「国の教育ローン」という)に関する次の記述のうち、最も不適切なのはどれか?

  1. 貸与型奨学金では、進学前に奨学金の予約採用を日本学生支援機構へ申し込むことが可能である。
  2. 貸与型奨学金の「第二種奨学金」は、年利3%を上限とする利息付奨学金である。
  3. 国の教育ローンの利用申し込みは、決められた募集期間内に行わなければならない。
  4. 国の教育ローンを利用するには、学生・生徒の保護者の年収要件を満たす必要があり、その保護者の年収要件は、扶養している子の人数により異なる。

 

問001の解答・解説

正解は③(が不適切)

国の教育ローンの申し込みに決められた募集期間などありません。いつでも利用申し込みが可能です。

日本学生支援機構の貸与型奨学金は決められた募集期間内に申し込みを行う必要があります。

 

進学前に奨学金の予約採用を申し込むことも可能です(①について)

貸与型奨学金には、無利息の「第一種奨学金」と利息ありの「第二種奨学金」があります。(②について)

「第二種奨学金」も在学中は無利息となります。(卒業後は有利息)

世帯年収の上限額は軽く目を通しておきましょう(④について)

扶養している子供の人数 年収(所得)の上限額
給与所得者(年収) 事業所得者の所得
1人 790万円 590万円
2人 890万円 680万円
3人 990万円 770万円
4人 1090万円 870万円
5人 1190万円 970万円

 

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA