ファイナンシャルプランナー

FP技能士3級でできることは何?資格取得に意味はある?仕事にどう活かす?

FP3級

最近、テレビのCMでも見かけるのことの多いお金の相談ができる人、と言えば誰もが1度は耳にしたことのあるファイナンシャルプランナー。

ファイナンシャルプランナーと言っても、FP技能士3級~1級、AFP・CFPと様々な資格があります。

ファイナンシャルプランナー|仕事に家庭に役立つ知識満載のFP技能士とAFP・CFP(体験談あり)

ファイナンシャルプランナーのなかでも、最も下位資格にあたるFP技能士3級は、何を学び何ができるようになる資格なのでしょうか?

 

多くの資格は、3級⇒2級⇒1級と順に取得していくことが普通ですよね。

ですが、ファイナンシャルプランナー関連資格は、FP技能士2級をいきなり取る人が意外と多いのです。

 

では、FP技能士3級資格を取ることに意味はあるのでしょうか?

この記事では、FP技能士3級資格で学ぶこと・できること、その将来性について紹介していきます。

みく
みく
資格マニアの私は、FP3級から取得したわ。
だって、順番を守りたいじゃない。

FP3級資格で学ぶこと・できること

ファイナンシャルプランナー資格を持つ人材を求める企業は増えています。

ですが、FP技能士3級資格を持っているだけでは、即戦力とは言えません

もちろん、FP技能士3級だって資格は資格。何もないよりは良いですよ。それで満足しなければ。

 

また、お友達の相談にのる。あなたの家庭の家計を考える・・・ということであれば、FP技能士3級資格でも十分能力を発揮できます。

ここでは、FP技能士3級で学ぶこと・できることをご紹介しますね。

ライフプランニング

ファイナンシャルプランニングとは、個人のライフプランを実現するために、お金に関する様々な計画を立てること。

ファイナンシャルプランナーは、ファイナンシャルプランニングの専門家です。

 

FP技能士3級資格ははじめに、人生の3大資金と言われる

  1. 教育資金
  2. 住宅取得資金
  3. 老後資金

など額の大きな資金をどのように準備していくか計画を立てる方法を学びます。

 

1年の始まりに家計簿を買うと、ライフイベント表を見かけることはありませんか?

1年後、2年後・・・10年後などにおける家族の年齢やイベント(出産・入学・家を買う・車を買うなど)を書き込めるような表です。

家族のイベントをもとに、いつどのくらい費用が必要で、そのために今何をしなければいけないのかを明確にすることができます。

FP技能士3級では、ライフイベントにおける費用の調達方法を学びます。

リスクマネジメント

保険相談

ファイナンシャルプランナーは、リスクマネジメントの概要を理解しておく必要があります。

人生にリスクはつきものです。

リスクに備えた保険制度全般について学んでいきます。

 

特に保険業法や金融商品販売法、保険契約者保護機構など、近年出題される傾向の高い法律や機関についてはしっかり理解しておきましょう。

また、あなた自身が生命保険に加入するときや見直しを行うときに役立つ知識がたくさん身に付きます。

保険
生命保険の支払いが遅れたら保証はどうなる?失効・復活とは?生命保険の支払いをうっかり忘れてしまったことはありませんか? 引き落とし日が週末だったりすると、油断しちゃっったなんてことも。 ...

 

金融資産運用

金融資産運用

ゼロ金利という言葉は記憶に新しいかと思います。

銀行に預けても、利息はほとんどゼロ。普通貯金だけでは資産を増やすことができない今、私たちに求められているのは、「運用」です。

 

FP3級では、

  • 預貯金
  • 金融類似商品
  • 債券投資
  • 投資信託
  • 株式投資
  • 外貨建て商品

など、今あるお金を増やす手段をいくつも勉強していきます。

 

私たちにとって最も身近な預貯金も、実は普通預金以外に

  • 貯蓄預金
  • スーパー定期
  • 大口定期預金
  • 期日指定定期預金
  • 変動金利定期預金

など様々な金融商品があるのをご存知でしょうか?

その違いを説明できますか?

 

お金のことは、知っていれば得できることがたくさんあります。

是非、FP3級の勉強を通して、あなたにぴったりの金融商品を見つけてください。

 

タックスプランニング

確定申告

タックスプランニングでは、所得税の勉強をします。

給与をもらったことがあるあなたなら、給与明細で所得税の項目を見たことがありますよね。

この所得税、どのように計算されているか知っていますか?

「年末調整で、払いすぎた場合は戻ってくるもの」くらいに思っている人もいるかもしれませんね。

税金の仕組みを正しく知る良い機会です。

 

不動産

不動産の基礎知識、不動産取引について、不動産に関する法令を学びます。

また、不動産にかかる税金や、不動産の活用方法も学びます。

 

土地やアパートなどを持っていて、運用しきれていない人は多いです。

日本は空き家が増えていて、今問題になっているのはニュースでもよく報道されていますよね。

 

FP3級資格の勉強を通して、不動産に詳しくなりましょう。

 

相続・事業承継

FP3級の勉強の最後には、相続・事業継承の勉強をします。

贈与・相続などに伴う税金は、ややこしく理解するのに時間がかかることも。

 

ファイナンシャルプランナーとして、人の役に立ち相談に乗るためにには、避けては通れない相続問題。

しっかり押さえておきましょう。

贈与
【FP3】書面による贈与契約は、取り消すことができない(口約束なら取り消せる)贈与ってAさんがBさんに何かをあげること・・そんな風に思っていませんか? 私たちは小さいころから、こんな取引を意識せずに行ってきま...

FP3級資格取得に意味はある?仕事にどう活かす?

FP3級資格取得のために勉強し合格をしたとしても、すぐに誰かの相談に乗ってあげられるほどの知識があるとは言い切れません。

じゃぁFP3級資格なんて取っても意味がないの?ということではありません。

FP技能士2級の受験資格として、FP技能士3級資格を持っていることが挙げられます。

  1. 日本FP協会が認定するAFP認定研修を修了した者
  2. 3級FP技能検定の合格者
  3. FP業務に関し2年以上の実務経験を有する者
  4. 厚生労働省認定金融小学技能審査3級の合格者

※いずれかの条件に当てはまる必要があります。

AFP認定研修を取得すれば、FP2級技能士資格は3級を持っていなくても受けられますし、いずれAFPの資格も取得したければAFP認定研修を受ける必要があるので、3級を受けない人は確かに多いです。

ですが、

FP技能士3級資格はファイナンシャルプランナー資格の基礎です。

今後、ファイナンシャルプランナーとして仕事をしていかなかったとしても、知識として知っておくことは重要になります。

 

みく
みく
住宅ローンを組む前や保険の契約をする前に、読んでおけば良かったなと思ったわ。

仕事で活かすならFP2級・AFP資格の取得を目指そう

FP技能士の資格を仕事で活かしたいと考えるなら、2級は取っておきたいところです。

最新の知識があると証明するのであれば、AFP資格も同様です。

名刺に資格を載せるのも、FP2級以上の資格保持でが賢明ですね。

 

ですが、転職等で履歴書に載せるのであれば、FP3級を書いても良いでしょう。現在2級資格取得のため勉強中とPRにつなげましょう。

もちろん本気で取得を目指しましょうね。

ファイナンシャルプランナーの資格取得を目指すなら『ファイナンシャルプランナー|仕事に家庭に役立つ知識満載のFP技能士とAFP・CFP(体験談あり)』も読んでみてください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA