キャッシュレス

LINE Payの使い方|スマホ決済を初めて使う方向けにチャージ・支払い・送金方法をご紹介

LinePayでキャッシュレス決済

消費増税のタイミングで一気に利用者を増やしたキャッシュレス決済。

なかでもLINE Payは、LINEを使っている人なら気軽に始められると人気を集めています。

 

使い始めはとっても簡単。

LINEアプリを開いて、「ウォレット」にある「LINE Payをはじめる」メニューから規約に同意すれば完了です。

チャージ式なので使いすぎる心配もなく、子供のお小遣いをLINE Payで渡している家庭のことが朝のニュースで紹介されるくらい。

みく
みく
小学生のお子さんでも使いこなせるLINE Payなら、きっと簡単に利用ができるはず

この記事では、

  • LINE Payのはじめかた
  • LINE Payを使える主なお店
  • LINE Payチャージ方法
  • LINE Payの支払い方法
  • LINE Payの送金方法

をご紹介します。

 

LINE Payのはじめかた

QRコード決済を始めるには、

  1. 専用のアプリをインストールする
  2. 支払い方法を決める
  3. 買い物をする

という手順があり、どの決済方法を使用しても基本は同じです。

LINE PayでもLINE Payアプリをインストールすることができますが、すでにLINEを使っているあなたの場合は、LINEアプリ内で設定を行うだけで使えるようになります。

みく
みく
まぁ!便利

LINEアプリでLINE Payを始めるには、ウォレットを開き規約に同意するだけです。

画面を見ながら一緒に進めていきましょう。

ウォレットを開きLINE Payをはじめる

LINPAYを始める1

画面の上の方にある、「LINE Payをはじめる」をタップしてください。

LINPAYを始める2

上の画面では、「はじめる」をタップ

規約に同意する

LINPAYを始める3

次に規約を確認し、同意してください。

規約をタップすると詳細が確認できます。チェックマークをを付ければ同意が完了します。

3つの規約に同意出来たら、「新規登録」をタップしましょう。

LINE Pay設定完了 パスワードを決めよう

LINPAYを始める4

これでLINE Payが使えるようになりました。

スマホの機種変更をしたときに、LINE Payアカウントが引き継げるようにパスワードの設定をしておきましょう。

画面上の「ここをタップして」をタップしてください。

LINPAYを始める5

パスワードに6桁の数字を設定しておきましょう。パスワードは忘れないように!

 

LINE Payを使える主なお店

使えるお店

LINE Payを使える主なお店は次の通りです。

  • コンビニ各社
  • 成城石井
  • 松屋
  • ライフ
  • ケーズデンキ
  • ZOZOTOWN

スーパーマーケットでも使えるお店は増えています。あなたの近所のお店ではどうですか?

LINE Payメニューからあなたが今いる場所付近での「使えるお店」を検索することができます。

是非一度チェックしてみてください。

 

LINE Payチャージ方法

LINE Payのチャージ方法は

  • 銀行口座
  • セブン銀行ATM
  • QRコード
  • LINE Payカードレジチャージ
  • Famiポート
  • LINE Pocket Money
  • オートチャージ

の7種類があります。

オートチャージは便利だけど、使いすぎちゃうのが心配というあなたには、わざわざお店に行く必要のある、セブン銀行ATM・LINE Payカードレジチャージ・Famiポートがおすすめ。

 

すぐに出来るのは「銀行口座」の登録です。

登録しても勝手にチャージされるわけではないので、設定だけはしておくと便利ですね。

1回登録すれば次からのチャージはとっても簡単です。

 

銀行口座を設定してLINE Payにチャージする

銀行口座を指定して、1,000円をチャージしてみましょう。

銀行口座は、ネットで取引ができる銀行を選ぶとスマートです。

1回登録してしまえば、次回からチャージは簡単です。

 

LINEアプリのウォレットからLINE Payメニューをタップ

今はまだ0円と表示されていますね。

銀行口座をタップする

銀行口座をタップする

LINE Payの画面で銀行口座をタップすると、銀行名が表示されます。

銀行名一覧

あなたの使いたい銀行口座をタップしましょう。インターネットバンキングを利用している銀行を選ぶと、この後の設定がスムーズです。

メッセージを確認

本人確認が必要⇒OKで進みましょう。

規約に同意します

また規約?と思われるかもしれませんが、お金が関わることだから大切なことです。

規約1
規約2

2つの規約は最後までスクロールし内容をよく読んだら「同意します」をタップします。

登録画面では、

  • 氏名
  • 生年月日
  • 支店名
  • 口座番号
  • 預金種目
  • 職業
  • 利用目的(個人か法人か)
  • 住所

を入力します。

次に進むと銀行の認証画面が起動します。画面の指示に従って口座に関する情報を入力してください。

普段からインターネットバンキングを利用している方は、見慣れた画面での操作となります。

 

登録完了

上記のような画面が表示されれば、登録完了です。

引き続きチャージをしていきましょう。今回は1,000円をチャージします。

LINE Payで1,000円チャージする

チャージ金額指定

チャージ画面を開くと、チャージ金額を指定する場所があります。

「1,000」と入力してもOK。「+1,000」をタップしてもOKです。

ちなみに、「+1,000」を2回タップすれば2,000円。入力が面倒な人は、数回のタップでチャージ金額を指定していきましょう。

チャージ完了

チャージ完了

チャージが完了すると、残高に反映されます。

無事に1,000円チャージできたようですね。

 

LINE Payの支払い方法

LINE Payを使った支払い方法は2つあります。

どのお店で支払うかによりますが、

  • お店の提示するQRコードをあなたのスマホで読み取る方法
  • あなたのスマホに表示するQRコードをお店が読み取る方法

の2種類です。

どのお店がどんな支払方法か、レジに行かないとわかりません。

だけど、支払いはお財布から小銭を出すよりずっと簡単です。

QRコードを読み取って支払い

ウォレット

スタートはやはり、LINEウォレットです。

「コードリーダー」をタップします。

コード読み取り

QRコードを読み取るためのカメラが起動しますので、お店が提示したQRコードを読み取ってください。

みく
みく
この画像必要だったかしら・・・?

 

QRコードを読み取ってもらって支払い

ウォレット

QRコードを読み取ってもらう場合も、スタートはウォレットです。「コード支払い」をタップします。

パスワード入力

確認のため、パスワードを入力します。6桁の数字覚えていますか?

残高をチェックして確認

残高をチェックして「確認」をタップします。ここでチャージをすることもできますが、レジでのチャージはスマートではありません。

予めチャージ残高をチェックしておきましょう。

LINEPayコード

LINE Payコードが表示されるので、お店の方に読み取ってもらいます。表示されるQRコードには時間制限がありますのでご注意ください。

「コードショートカットを作成」をタップしておくと、ホーム画面にショートカットが作られます。

次回からの支払いに便利です。

 

LINE Payの送金方法

LINE Payでは、LINE友達どうしであれば送金することが可能です。

例えば、

  • 子供のお小遣いをLINE Payで管理させ、必要なタイミングで送金する
  • 女子会の支払いをしてくれた幹事さんに送金する

など、近い存在とのお金の受け渡しに便利です。

1円単位までスマートに送ることができます。

ウォレットを開き「送金」をタップ

ウォレット

送金をタップします。

送金したいLINEの友達を選びます

友達を選択

友達は検索すると見つけやすいですよ。

送金金額を指定して「送信」

金額を指定

送金する金額を指定します。入力してもOK。「+100」などの金額を複数回タップしてもOKです。

メッセージを入力して送金

LINEメッセージで送られるので、何かコメントを入力しておくと良いでしょう。

間違いがなければ「送金・送付」をタップします。

 

LINE Payでスマート決済生活を!

キャッシュレス決済で、スマートフォンの決済を使うのなら、初めてはLINE Payが使いやすいと感じました。

それは、LINEがとても多くの人に使われているアプリだから。

ただ、「スマホ決済はこれ」と1つに限定してしまうのはもったいない使い方だと感じます。

キャンペーンや還元など、その時々であなたにぴったりの決済方法を選びましょう。

LINE Payはその第1歩にふさわしい決済方法です。