リフォーム

すまい給付金って何?対象者の年収が775万円以下に拡充 

すまい給付金

すまい給付金は、消費税率引き上げによる住宅取得者の負担を緩和するために創設した制度です。

国土交通省のサイトで詳しく解説されています。

 

中古住宅を購入する際に、住宅取得業者の担当者に対象かどうかを聞いてみるのが最も簡単な方法です。

 

この記事では、『すまい給付金』について詳しく説明していきます。

消費税10%になったタイミングで、対象者の年収が引き上げられているので、これまで対象外だと思っていた人もチェックしてみてください。

 

住宅取得者に代わり、給付金を住宅事業者が受け取ることも可能なので、資金の一部として考えることができますよ。

すまい給付金とは?

すまい給付金は、消費税の引き上げによる負担を軽減するための給付金です。

 

住宅購入時の税金を減らすための施策である住宅ローン減税は、支払っている所得税から控除される仕組みのため年収が多い方が効果が大きくなります。

一方で、すまい給付金は住宅ローン減税の効果が十分に及ばない収入層に対して軽減を図るための制度です。年収が低い方がもらえる給付金が多いのはそのためです。

みく
みく
払った税金が戻ってくるよりも、現金が支給される制度の方がありがたみを感じやすいわね

 

5年前から実施されている制度で、2021年12月末まで実施予定です。

給付申請書を作成し、確認書類を添付して申請することが必要となります。

みく
みく
勝手にくれたら良いのに・・申請とかめんどくさい。でもお金はほしい。。

申請は面倒かもしれませんが、住宅事業者による代理申請もできるから、利用しない手はないですね。

代理申請については、後程詳しく説明するとして、すまい給付金の対象者・要件を説明していきます。

 

すまい給付金の対象者は?

すまい給付金の対象者は次の通りです。

  1. 購入した住宅の所有者であり居住者であること
  2. 収入の目安が775万円以下であること
  3. 売り主が宅建業者であること

 

購入した住宅の所有者であり居住者であること

  • 所有者とは、不動産登記上の保有者のこと
  • 居住者は住民票で居住が確認できること

が必要です。

例えば購入した家に、両親のみで居住させる場合は、すまい給付金の対象外となります。

 

収入の目安が775万円以下であること

年収の目安 給付される基礎額(最大)
~450万円 50万円
450万円~525万円 40万円
525万円~600万円 30万円
600万円~675万円 20万円
675万円~775万円 10万円

金額は目安になりますが、上の表のように給付される金額が決まります。

また、夫婦(妻は専業主婦)と中学生以下の子供2人でのモデルケースでの金額なので、実際に給付される金額とは異なる可能性があります。

 

あなた自身がもらえる金額がいくらくらいになるのか、『すまい給付金』のサイトでシミュレーションを行うことができます。

気になる方は『すまい給付金シミュレーションサイト』でご確認ください。

 

売り主が宅建業者であること

個人の売り主から購入する場合は対象外となります。

 

すまい給付金対象の住宅要件は?

すまい給付金対象の中古住宅要件は次の通りです。

  1. 床面積が50㎡以上であること
  2. 売買時等の検査で品質が確認された住宅であること

新築の住宅要件はすまい給付金のサイトで確認できます。

住宅ローンを利用して購入していない場合は、住宅所有者が50歳以上である必要があります。

床面積が50㎡以上である住宅

50㎡以上というのは、不動産登記上の床面積で内法寸法になります。

【不動産登記規則】

(建物の床面積)
第百十五条 建物の床面積は、各階ごとに壁その他の区画の中心線(区分建物にあっては、壁その他の区画の内側線)で囲まれた部分の水平投影面積により、平方メートルを単位として定め、一平方メートルの百分の一未満の端数は、切り捨てるものとする。

 

売買時の検査で品質が確認された住居であること

売買時、第三者の現場検査を受けて次の3つのうち1つ以上に当てはまる住居が対象です。

  1. 既存住宅売買瑕疵保険へ加入した住宅
  2. 既存住宅性能表示制度を利用した住宅
  3. 建設後10年以内で住宅瑕疵担保責任保険に加入している住宅 または 建設住宅性能表示を領している住宅

 

 

すまい給付金の申請方法は?

すまい給付金の申請は、住宅取得者が行い住宅取得者が受領します。

ただし、住宅事業者による手続き代行・代理受領も可能です。

申請の流れ
  1. 申請対象か確認
  2. 郵送または窓口にて申請
  3. すまい給付金事務局による審査
  4. 給付金の振り込み

 

すまい給付金の申請は、住宅の引き渡しを受けてから1年以内に行います。

申請の対象かどうかは、ホームページやすまい給付金窓口・サポートセンターで確認ができます。

 

申請は、郵送または窓口にて行います。申請先は購入した住宅の住所によって異なりますので、こちらから申請窓口を検索してください。

申請窓口を探す

申請所に不備がなければ、申請から1.5~2か月ほどで、指定した口座に給付金が振り込まれます。

 

住宅事業者による手続き代行・代理受領の場合は、住宅取得金額から給付金を差し引いた金額を支払い、給付金受領後に相殺してもらうことが可能です。

詳しくは、住宅事業者にお問い合わせください。

住宅購入やリフォームでは控除や給付金を上手に活用しよう

住宅購入時やリフォーム時に、一定の条件を満たすことでもらえるポイントや給付金は他にもあります。

また、税金が減って得するケースも。

常に最新情報をチェックして、税金控除・給付金を上手に活用していきましょう。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA