ブログ運営

エックスサーバーでエックスドメインを使っている人向け|WordPressのインストール・設定

パソコン

この記事は、ブログ用のサーバーを借り、ドメインを取得した人向けのマニュアルです。

次の3つのステップの方法を説明しています。

 

エックスサーバーでエックスドメインを使っている人にわかりやすく書いています。他のサーバー・ドメインを利用している方は、当てはまらないこともあります。

 

ブログを書く前のサーバーの設定3ステップ

  1. 契約したドメインをサーバーに割り当てSSLの設定
  2. WordPressのインストール
  3. WordPressの設定

では詳しく見ていきましょう。

契約したドメインをサーバーに割り当てSSL設定

『サーバー管理』ボタンをクリックし『サーバーパネル』画面を開きます。

契約一覧_ドメイン

ドメイン設定をクリックします。

ドメイン設定

ドメイン設定画面で、『ドメイン設定追加』タブを選びます。

購入したドメイン名を入力して、『確認画面へ進む』ボタンをクリックします。

ここでドメイン名には、このブログでいう『sorita-blog.com』にあたります。

あなたが決めたブログのドメイン名を入力しましょう。

ドメイン設定追加

内容に間違いがないことを確認して、『追加する』ボタンをクリックします。

追加する

設定完了画面が表示されたら終了です。

設定完了

 

WordPressのインストールをする

再び『サーバーパネル』を開きましょう。

画面左下の方にある『設定対象ドメイン』のドロップダウンリストから、取得したドメイン(今回WordPressをインストールしたいドメイン)を選び、『設定する』ボタンをクリックします。

設定対象ドメイン

画面右上の『現在の設定対象ドメイン』欄に、選択したドメインが表示されていることを確認しておきましょう。

現在の設定対象ドメイン

今度は左下の方、『WordPressの簡単インストール』をクリックします。

WordPress簡単インストール

『WordPressインストール』タブを選びます。

WordPressインストール

インストールのための情報を入力する画面が開きます。

インストールURL 変更不要です。(※詳しい人はフォルダを指定してもOK。難しくなるので初めての人は変えないことをおすすめします。)
ブログ名 ブログ名を決めている人は入力します。
後で変えることができるので、仮の名前でOK。
ユーザー名 ログイン時に使用するので覚えやすい名前をつけましょう。
パスワード 忘れないように( ..)φメモメモしておきましょう。
メールアドレス 普段使っているメールアドレスを指定しましょう。
キャッシュ自動削除 「ON」のまま変更しません。
データベース 「自動でデータベースを生成する」のまま変更しません。

 

インストール画面

入力が終わったら、『確認画面へ進む』ボタンをクリックします。赤いメッセージが表示されてドキッとしますが、先に入力した

  • ブログ名
  • ユーザー名
  • パスワード
  • メールアドレス

に間違いがなければ、『インストール』ボタンをクリックください。

インストールする

これでインストールは終了です。

画面に表示された内容はメモに取って大切に保管しておいてください。

インストール完了
そりたぬき
そりたぬき
ここでインストールは終了です。
休憩するならこのタイミングで!
もう少し頑張れる人は設定に進んでください。

WordPressの設定をする

WordPressにログインしてみましょう。

WordPressのインストール完了時に表示されたURLをクリックしてください。

インストール完了

ユーザー名・パスワードを入力してログインボタンをクリックします。

ログイン

ダッシュボードにログイン出来ましたか?

そりたぬき
そりたぬき
記事を投稿したり設定したりできるこのページを
ダッシュボードって呼ぶことは覚えておくと良いよ。

『個人データとプライバシー』は『非表示にする』をクリックしてしまってOKです。

ダッシュボード

ここでは、次の3つだけ設定をしておきたいと思います。

  1. 基本設定
  2. パーマリンク設定
  3. httpからhttpsへのリダイレクト設定

WordPressのインストール後 基本設定

ダッシュボードの、『設定』メニューの中にある『一般』をクリックしてください。

一般設定

一般設定画面では次の点を修正してください。

  • キャッチフレーズを消しておく
  • WordPressアドレス(URL)に『s』を追加(http:// ⇒ https://にする)
  • サイトアドレス(URL)に『s』を追加(http:// ⇒ https://にする)

画面の下の方に『変更を保存』というボタンがあるので、押しておくのを忘れずに!

https

WordPressインストール時に、インストールURLを変更している場合は、WordPressアドレス(URL)も変更する必要があります。ご注意ください。

WordPressインストール後 パーマリンク設定

パーマリンク設定は、私が1年ほど前に大きな失敗をしたので、初めに必ず設定しておいてもらいたい部分です。

ダッシュボードの、『設定』メニューの中にある『パーマリンク設定』をクリックしてください。

パーマリンク設定

『カスタム構造』を選択し、下図の赤丸で囲んだ青い部分を消します。

『/%postname%/』だけを残します。

カスタム構造

画面の下の方に『変更を保存』というボタンがあるので、押しておくのを忘れずに!

 

http⇒httpsへのリダイレクト設定

あなたのサイトはSSL化してあるので、https://で始まるURLが正解です。

でも今のままだと、http://で始まるURLでもアクセスが出来てしまいます。

そこで、http://でアクセスしてきた人も、https://のURLに直してあげる設定をしておきます。

ちょっと何を言っているのかわからないかもしれませんが、大切な設定なので今は意味が分からなくても設定をしておきましょう。

『サーバー管理』ボタンをクリックし『サーバーパネル』画面を開きます。

契約一覧_ドメイン

画面左下の方にある『設定対象ドメイン』のドロップダウンリストから、取得したドメイン(今回WordPressをインストールしたいドメイン)を選び、『設定する』ボタンをクリックします。

設定対象ドメイン

画面右上の『現在の設定対象ドメイン』欄に、選択したドメインが表示されていることを確認しておきましょう。

現在の設定対象ドメイン

『.htaccessの編集』をクリックします。

htaccess

『この機能は上級者向けの機能です』と書かれているとドキドキしますが、『.htaccess編集』タブを開きます。

htaccess編集

初めに書いてあった文字には触らず、先頭部分に次の文字を追加してください。

<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteEngine On
RewriteCond %{HTTPS} off
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R=301,L]
</IfModule>

追加する

『確認画面へ進む』ボタンをクリックし、『実行する』ボタンで保存してください。

 

そりたぬき
そりたぬき
お疲れさまでした。

 

この後、設定したいことはまだありますが、ひとまず記事を投稿する準備は出来ました。

追加したい設定については、記事を書きながら進めていきましょう。